本当は怖い顎関節症②|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

本当は怖い顎関節症②

あごブログ 2016年12月16日

前回のブログでは、主に顎関節症の症状についてお伝えしていきました。

今回は顎関節症になった後のことを説明していきます。

一生のうちに顎関節に違和感や、痛みを訴える可能性は2人に1人の割合で起こるといわれています。ただ、その痛みは一生続くものではありません。

 

でもそれは・・・

 

本当に治ったといえるのでしょうか?

 

アゴの痛みは消えたけど・・・

以前のブログで、「アゴは身体の歪みによっても歪む」というお話をさせていただきました。多くの方が、アゴ以外の場所に問題があるのです。ただ、アゴに痛みが出ても、それはある一定の期間を過ぎると無くなっていいます。実はその痛み、違う場所に移動しているケースがあります。

 

『身体が歪むとアゴが歪む』

(イコール)

『アゴが歪むと身体が歪む』

fotolia_35401038_xs

という性質からこういったことが起こります。

と、言っても分かりにくいですよね(‘Д’)

 

要するに、痛みがあると人間は逃避姿勢(とうひしせい)といって、痛みのない姿勢を勝手にとってしまっています。

そのことが、身体の歪みを作り出しているのです。

 

よって、アゴは痛く無くなったけど、以前より肩こりがひどくなったとか、頭痛を認めるようになったという方は多くみられます。

 

再発させないためには!!

まとめ

痛みが無くなったから良し、という考えはある意味危険です!!

痛みが無くなった背景には必ず理由があります。それが、しっかり治って痛みが無くなったのであればいいのですが、必ずしもそうではないと言うことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

痛みが出てからすぐに治療するのが理想的です。

また、以前痛くなって勝手に治ったという経験がある方、もしからしたらアゴが原因で起こった身体の歪みがまだ残っているかもしれませんよ。

今からでも遅くはないので、是非ご相談下さい。

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ