歯ぎしりと顎関節症|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

歯ぎしりと顎関節症

あごブログ 2016年12月23日

11月に公開したホームページを少しずつ更新てきましたが、多くの方に見ていただいて、感謝しております。
来年も息切れしないように、みなさんに有益な情報を提供してきますので、引き続きよろしくお願いします。
では、今回は「歯ぎしり」のお話です!!

歯ぎしりも顎関節症の原因になることがあります。

歯ぎしりは睡眠中にみられ、自覚症状はほとんどありません。そんな歯ぎしりが刻一刻と顎関節症に導いてしまうことがあります。

 

あなたはどうですか?

Rottweiler the girl of 6 years on a black background

歯ぎしりってどんなもの?

前述したように、歯ぎしりをしている最中には自覚がほとんどないですが、少し注意してみると自分が歯ぎしりしているかどうか分かるポイントがあります。

それは、朝起きた時です。

 

歯ぎしりをしている人は、睡眠中に強く食いしばっているため、朝起きた時に噛む筋肉である咀嚼筋群(そしゃくきんぐん)がすごく疲れた状態になっています。

 

「アゴの周りがだるい」

「寝る前は痛くなかったけど、アゴが痛む」

 

といった症状がある方は歯ぎしりをしている可能性が高いです!!

 

また、歯ぎしりは上の歯と、下の歯を擦るようにするために、長期的に歯ぎしりをしている人は歯が削れてしまっていて、歯科検診の時に歯医者さんから指摘を受けて気づくケースもあります。

 

症状がきつい方は、時に歯が割れる事もあります。

(↑実際に当院に来られた患者さんの中にもいらっしゃいました)

 

歯を守るためにも歯ぎしりをしている方は何らかの処置をしなければ顎関節症になるだけでなく、大切な歯を失う恐れもあるのです。

歯ぎしりの原因は?

まとめ

歯ぎしりをすると・・・

 

咀嚼筋群と呼ばれる噛む筋肉が緊張する

 

 

筋緊張が左右で不均衡になる

 

 

アゴの骨を支える筋肉が歪むことでアゴも歪む

 

 

顎関節症・・・((+_+))

 

 

と、大雑把ではありますが、このような過程で歯ぎしりから顎関節症になっていくこともあります。

歯ぎしりは、顎関節症だけでなく、顔全体が痛くなったり、歯が割れたりするなどあらゆる症状を引き起こすので

発見次第、何らかの処置や対処法を考えていかなければいけないことを覚えておいて下さい!!

 

歯ぎしりで悩まれていた患者さんからの「喜びの声」です

↓↓↓

“歯が割れるほどの歯ぎしりが3回の施術で改善” 30代 男性 K様

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ