音楽と顎関節症|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

音楽と顎関節症

あごブログ 2017年07月20日

院長の宗永です!

今回は「音楽と顎関節症」という題名でブログを更新します!!

題名だけ見ると、音楽を聴くと顎関節症になるのか?と思う人がいるかもしれませんが、そうではありません(笑)

 

正確には、音楽に携わっている方に顎関節症の方が多い、と言う話です。

歌をうたう方、楽器を弾く方などがそれに該当します。

なぜ、顎関節症になってしまうのでしょうか?

 

楽器を弾くと顎関節症に・・・?

私は音楽や楽器には詳しくなのですが、楽器を演奏している人って体が傾いている状態が多いような気がしませんか?

例えば・・・

 

 

といった感じでしょうか?

これってすごく顎にも悪い影響を及ぼしているんです!

ずっと横や下を向いていると顎が不安定な状態となり、自然と噛む筋肉(咀嚼筋群)に力が入ってしまいます。

 

実際、当院に顎の痛みを訴えられて来院された方の中に楽器の演奏者の方が何名かおられました。

 

知らず知らずのうちに、負担が蓄積して痛みが出てくるようです。

管楽器も要注意!?

まとめ

自分でできる対象法としては、「整顎ストレッチ」が有効です!

やり方は、コチラのブログへ

 

痛みがある場合、安静にすることが一番のようですが、練習が毎日のようにある場合やコンクールが近いなど、なかなか休めない状況にある場合は、セルフケアでなんとかしたいですよね?

ぜひ試してみて下さい!

 

当院公式LINEができました(^^♪

是非、友達追加をしてLINEで気軽に質問・相談してくださいね!

登録はコチラから↓↓↓

 

https://line.me/R/ti/p/%40hmo5377t

 

 

 

慢性腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・ヘルニアでお悩みの方はこちらのHPへ

 

http://www.mune-sekkotsu.com/

 

食いしばり癖でお困りの方はこちらへ

口が開かなくてお困りの方はこちらへ

肩こりでお困りの方はこちらへ

頭痛でお困りの方はこちらへ

 

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ