頭痛と顎がなぜ関係しているのか?|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

頭痛と顎がなぜ関係しているのか?

あごブログ 2018年03月17日

一言で頭痛といっても症状は様々で、痛む場所や痛みの出てくる症状も人それぞれです。

病院に行って検査を受けても、

 

「肩こりからくる頭痛でしょう」

 

といって、マッサージをするようすすめられても、症状に変化がないと、後は薬を飲むくらいしか手立てがないのが現実です。

 

そんなあなたに、整顎(セイガク)という提案です。

 

当院の顎のお悩み専門治療である整顎治療では、頭痛でお悩みだった多くの患者様からおよろこびの声をいただいております。

 

それは、アゴと頭痛が密接に関係していることを指しているといえるでしょう。

こんな頭痛でお困りではありませんか?

側頭部の頭痛

側頭部(そくとうぶ)、いわゆるコメカミの辺りに出てくる頭痛です。

そこには、側頭筋という筋肉があります。

側頭筋はアゴを閉める筋肉、要するにモノを噛む為に使う機能があります。

 

この筋肉が硬くなることで、血行が悪くなったり、神経を圧迫してしまう状況が発生して、頭痛として現れてくることがあるのです。

 

ただ、ここで注意しておきたいのが、拍動性の頭痛がどうか?ということです。

 

拍動性のものは、体動があるだけで痛みが増してくることがありますし、下手に痛みのある部分に触れてしまうと、症状をら悪化させてしまうことがあるので、まずは病院にて検査を受けられることをお勧めします。

 

側頭部の頭痛には両側性のものと片側性のものとがあります。

その違いについてお話しします。

 

 

両側性

疲労やストレスにより、側頭筋の緊張が発生しているため、頭痛になっている可能性があります。

このような症状のある方は、普段から歯ぎしりをしていたり、集中すると無意識のうちに食いしばってしまう癖があることが多いです。

またこのような症状のある方の特徴として、日常的に首や肩のコリに悩まされているケースがほとんどです。

痛いところだけ押さえたり揉んだりしても症状の改善が無かった場合は、その双方にアプローチしていくことをお勧めします。

 

片側性

アゴの歪み?が原因かもしれません。

 

鏡を用意して下さい!

写真のように「イ」の口を作った状態から下の歯を左右に動かして下さい。

この時、上の歯と下の歯ができるだけ離れないように左右に動かして下さい。

 

片方だけ、動きが悪くないですか?

この動きにはここでも出てきた側頭筋が関与しています。

側頭筋だけでこの動きができているわけではありません。

ただ。アゴの動きを阻害している筋肉の一つが側頭筋なのであれば、そこを治療していくことも大切だと思いませんか?

 

なので、頭だけでなくアゴの処置をすることで当院では頭痛でお悩みの方のお役に立たせていただいております。

なぜ整顎治療なのか?

まとめ

頭痛の原因や治療法は様々ですが、薬を飲み続けてその場しのぎの方法をずっと続けたいですか?

 

それを決めるのはもちろんあなたです。

 

マッサージや整体など色んな治療法がありますが、

アゴが原因で起こる頭痛

の存在も頭 に入れておいて下さいね

 

 

慢性腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・ヘルニアでお悩みの方はこちらのHPへ

http://www.mune-sekkotsu.com/

 

産後の骨盤矯正専用ページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/sangokyousei

 

 

【整顎治療のコース内容はこちらから】

 

整顎治療 第1回  【疲労緩和コース」】

整顎治療 第2回  【腰・骨盤コース】

整顎治療 第3回 【背中・肋骨コース】

整顎治療 第4回   【首・肩コース】

整顎治療 第5回  【脚コース】

整顎治療 第6回  【整顎コース】

 

コメカミ周囲の頭痛の方はコチラ

アゴが痛い時に使える”ツボ”を知りたい方はコチラ

食いしばり癖でお困りの方はこちらへ

口が開かなくてお困りの方はこちらへ

肩こりでお困りの方はこちらへ

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ