【✅今すぐチェック】顎関節症と舌の形の関係|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

【✅今すぐチェック】顎関節症と舌の形の関係

あごブログ 2019年03月11日

顎関節症になってしまう人の多くは就寝時や活動時に関わらず、食いしばってしまっているケースがあります。

 

ただ、食いしばりは意外と自分では気づいていない人も多くて、そもそも改善しようという気になっていないのが現状です。

 

じゃあどのように判断していくのか?

 

今回はそんなお話をしていきます。

※動画では触れていない大切な部分もあるので、最後まで読んでくださいね!!

 

これが目に入らぬか!!舌を見よ!

ここ最近、顎の調子が悪くて、、、という人は鏡の前で自分の舌を見てみて下さい。

 

こんな形になっていませんか?

 

そう!舌の縁がギザキザになっている可能性があるのです。

これは歯の食いしばりと同時に舌を前歯の裏側に押し当てている証拠です。

 

そうしてしまう原因は諸説あるのですが、何れにせよ口を閉じていないとこのような歯型が舌につくことはありません。

 

この歯型がどうこうというより、食いしばり自体が問題という事は忘れないでくださいね。

 

ですので、もしこういったものがあなたの舌にあれば要注意です!!!

 

 

このギザギザはなんとかならないの?

 

この歯型の事を舌圧痕(ぜつあつこん)と言います。これを改善するには舌を歯に接触させければイイのです!

といってもそんな簡単にいかないですよね。

 

ではそもそもなんで舌を押し当ててしまうのか説明していきます。

 

椅子に座った状態を作ります。

 

そして、口の力を抜いてみて下さい!

↑食いしばっていなければそれでいいです。

 

そして出来るだけ良い姿勢をとるようにしてみて下さい!多分ここでは何も感じないと思います。

 

次に口の状態はそのままで、背中を丸めるように猫背の状態を作ります。

 

すると多くの人は舌が前歯の裏側に接触するのではないでしょうか?

 

もうお分かりですね!

要するに、姿勢なんです!!!!

 

舌圧痕がある人=姿勢が悪い人

 

ということに繋がります。

そして、、、

顎関節症になる人=姿勢が悪い人

いつも言ってますね。

 

着地点がいつも姿勢の話になってしまいますが、顎と姿勢って凄く関係しているんです。

 

以上!

「舌圧痕を治したければ姿勢を正せ」

 

今、LINEで宗永鍼灸接骨院友達になると、

健康に役立つ動画を10本プレゼント中!(アゴに関するストレッチ動画もあります)

登録はコチラから

※登録したらメッセージ下さいね^ ^

慢性腰痛・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・ヘルニアでお悩みの方はこちらのHPへ

http://www.mune-sekkotsu.com/

産後の骨盤矯正専用ページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/sangokyousei

 

【整顎治療のコース内容はこちらから】

整顎治療 第1回  【疲労緩和コース」】

整顎治療 第2回  【腰・骨盤コース】

整顎治療 第3回 【背中・肋骨コース】

整顎治療 第4回   【首・肩コース】

整顎治療 第5回  【脚コース】

整顎治療 第6回  【整顎コース】

 

コメカミ周囲の頭痛の方はコチラ

アゴが痛い時に使える”ツボ”を知りたい方はコチラ

食いしばり癖でお困りの方はこちらへ

口が開かなくてお困りの方はこちらへ

肩こりでお困りの方はこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ