口が開かないのにマウスピース作れる?|尾道・福山・三原での顎関節症や顎(アゴ)が原因での頭痛・肩こりは宗永鍼灸接骨院にお任せ下さい

尾道・福山・三原での顎関節症は宗永鍼灸接骨院

0848223933

お問い合わせ

診療時間

当院の施術の流れ

料金・施術内容

あごブログ

口が開かないのにマウスピース作れる?

あごブログ 2020年03月11日

顎関節症の治療を受ける所といえば、歯医者さんですよね?

 

歯医者さんで最初にする顎関節症の治療は、「マウスピース」です!

 

 

でもこのマウスピースってどのように作るか知ってますか?

 

今日はそんなお話を顎関節症の症状と合わせてお話ししていきたいと思います!

 

 

口が開かないのに?

 

顎関節症の代表的な症状の一つとして、「口が開かない」というものがあります。

 

ある日突然起こり、痛みがあるのでパニックになる人も多いと聞きます。

 

 

そんな時、歯医者さんに行くと、「マウスピースを作りましょう」って話になります。

 

 

 

でも、ちょっと待って!!!!

 

 

マウスピースって、自分の歯型をとって作成するのですが、口が開かないんじゃなかった?笑

 

そうなんです!

口が開かなくて通院しているのに、口を開けて歯型を取ろうという流れになる。。。ちょっと無理っぽいですよね?

 

もちろん、無理矢理そういった治療をする歯医者さんはごくわずかで、痛みが減ってきて、口が開くようになったら歯型をとる。それまでは、痛み止めで難をしのごうっていう流れが一番多いのです!

 

 

違う方法を考えてみよう!!

 

痛みがある所に注目するのは当然のことですが、本当にそこにしか方法はないのでしょうか?

 

 

当院では違ったアプローチをしてます。

 

 

そもそも、ほとんどの顎関節症は顎以外の場所に問題があると考えているからです。

 

 

そこはどこかというと、全身です!

もっというと、全身のバランスの乱れがたまたま顎に出てきているだけだと考えています。

なのでいきなり顎へのアプローチはしないのです!

 

 

それであれば無理に口を開ける必要はないので痛みなく施術を進めることができます。

 

 

まとめ

 

マウスピースという素晴らしい治療法がありますが、口が開かない状況であればその治療法そのものが難しくなってきます。

 

痛みほどストレスを感じるものはありません。

 

そのような状態の時は、まず患部より離れたところから攻めていくことをお勧めします!

その方法の一つに「整顎治療」というものがあることを覚えておいて下さい!

 

宗永鍼灸接骨院とLINEで繋がろう!!

 

✅口が開かない

✅あくびができない

✅口を開けると音が鳴る

✅歯ぎしりが気になる

 

こんなアゴの症状の相談はLINEから!!

友達追加で特典あり!!

 

登録はコチラから

↓ ↓ ↓

 

営業時間

9:00~12:00/15:30~20:00
※土曜は8:00~12:00のみ

定休日

土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ